【インターンの魅力】株式会社イードア・河野さんに聞いてみました。

DSC_0330
-----------------------------
河野一樹(かわのかずき)

東京出身
入社1年目

学生時より旅をすることを好み世界十数ヶ国へ足を運ぶ。
旅をすることで「価値観」が広がることを好み様々なことへ挑戦してきた。

2014年冬に株式会社イードアのインターンに参加。
苦しみながらも自らの価値観が広がる経験を体験し、イードアへの入社を決める。
2015年3月に横浜市立大学を卒業後
コンサルタントとして入社。

企業経営者にむけた
HRコンサルティング、アライアンス提携など幅広い領域で活躍中。
----------------------------

そもそもインターンシップをしようと考えたきっかけはなんでしたか?




就職活動で話を聞きに行ったのがイードアで1社目でした。そこで話を聞いていく段階で、その当時は、『働くこと』自体に、また『ベンチャー企業で働くこと』自体にしっかりとしてイメージがつかない状態でした。そのイメージを確立するためにインターンシップが非常に有効な方法なのではないか、と考えました。
またもう1点、私自身の選考が進んで行く中で、『(企業が内定を出すのに)決め手に欠けているよね』という話が選考中のフィードバックで頂く事がありました。そこで、会社への志望度を伝えるという意味でも、『働いているところを見て下さい!』という思いでインターンに飛び込んでみようと考えたのが4年生の冬ごろだったかと思います。

実際のインターンの内容はどんなものでしたか?



イードアに入社した人間がする業務は、新卒・中途・インターン関係なく共通しています。我々の事業は、まず経営者の方にアプローチをしていって、そこで信頼関係を築いていき、意思決定の支援をしていくことが事業内容になるのですが、イードアでは、当時私は『アプローチ』の部分を経験しました。
実際に、どういう会社・経営者にどういう方法でアプローチをしていったら良いのかという段階から先輩社員の力を借りて実践しました。すべての初めての経験で、細かいところでいうと言葉遣い一つ一つ直していくところからトライしていきました。
DSC_0301
大変でした。そもそもは、3日間のインターンの予定だったのですが、ただ、その3日間の業務が、できない・できない、の連続であっただけに、恐ろしくハードに感じてしまいました。そして、3日間が終わったときに、直属の上司の方と、1度食事に連れて行って頂きました。そこで、実際にインターンのフィードバックを頂いたのですが、本当に正直に、「かなりしんどいです。」「つらいです。」という話をしました。
当時なにが辛かったかでいうと、「自分でできない」という事実を受け入れ続けることが辛く、社員の方にも、「今後、社員としてこの会社で働いていくことは、正直かなり大変です。」と伝えました。

その段階では、入社する気持ちが落ちてしまった中、もう一度奮起できたのはなぜですか?


DSC_0265
その3日目の夜に、話をしていただいた、直属の上司の方にお話しを頂いたのが、「まぁできないのは、当たり前だよね」って話をしていただいて、「ただ、できなくて辛くて逃げているような、そのままの考え方だったら、できないし辛いままだよね。」「今、自分の脳で考えて勝負しようとしているのであれば続いていかないよね」「未来の自分の脳で勝負し、その上に、どれだけ上積みを作っていくことで、道は開けていくんじゃないかな」という話をしていただきました。話を聞いた僕は、まだその段階でも、「それもできません・・・」と答え、選考を辞退してその日は帰ってしまいました。
ただ、その晩じっくり考えました。その時に、やっぱり今までの自分を考えるとインターンシップではできないことだらけで当たり前だなと。「できないものから逃げないで、自分自身に、上積みを作っていかないと」という言葉がかなり響いてました。この考え方は今までの自分自身にはなかったなと思いました。思い返してみても、インターンの3日間でも、イードアの社員さんは、常に自分自身に「人として高める」という考えをもって働いていました。その考え方を持った組織、集団だということを実感しました。自分自身に無かったものを持った人間たち、その中に自分自身の身を置いて揉まれていく、「このままの自分でいて良い訳がない、そして変わりたい!」という考え方に変化していきました。

そのインターンの後、どのように入社に至ったのですか?


DSC_0299
実際、その3日間のインターンを経て「選考終了・不採用」というのが会社の方向性としてあったのですが、その次の日の朝一番に会社に出向き「すいません!もう1日やらせてください!」といって1日追加してもらいました。逃げてきたままの自分でいることが悔しくて採用・不採用に関係なく「これまでの自分でない自分の気持ちで、本気やりきる」という1日を頂きたかったんです。その1日で、会社にどう判断されたのかはわかりませんが、ゆくゆく内定をもらい、入社することができました。まさに人生で一番気持ちが動いた日だと思います。

実際に、インターンを経て入社し8ヶ月経ちましたが、どうですか?



できることも少しずつ増えてきました。入社前と、入社後のギャップというものは感じなかったですね。実際の3日間で苦労をしていたので、入社後が大変なこと自体は百も承知でした。ただ、それでもやってやる!という気持ちで入社することができました。今は、初心の気持ちを忘れず、常に『上積みを作る』というのを意識して業務にあたっています。
その働くイメージができたという点でインターンはかなり有効であったと感じています。

今後の夢・目標があれば聞かせてください。



イードアが個人に対して掲げる目標として、『いつの時代も社会から必要とされる普遍的な力をもつ人間になる』というものがありまして、自分自身も、『いつの時代も社会から必要とされる人間』になるということが目標ですし、仕事をしていくにあたって『役に立てる人間』になって、組織として『より社会から必要とされる存在』になっていくためのその一翼として存在することが今後の目指すものと考えています。

いつの時代も必要とされる人間ってどんなイメージですか?



実は、それにはまだこれだ!っていえるものがなくて、それは探し続けていかなければならないものなのかもしれないな、と考えています。ただ、一つの答えとして社内にあるのは、『本質をつかむ能力』『本質を見抜く能力』なのだという考えがあります。事象はかなり様々なものがありまして、変化していくものだとは思います。ただ、その根幹にあるものはなんなのか、掘り下げて考えていける力をつけること。この力を身に着けていくことは、『いつの時代にも必要とされる人間』に近づくことになると思います。
DSC_0251

最後に、インターンに興味があるという学生に、一言コメントをお願いします!



まず一つは、(インターンは)すべてはやってみないとわからないということ。楽しかったり、辛かったり、実際に辛いかどうかさえもやってみないとわからないことなので、実際に挑戦しみてほしいです。
あともう一つは、今もしインターンをしようか迷っている、とすれば、どこか潜在的に【どこかに(インターンを)やろうかなと考えている】のだと思います。その自分の中にやりたいという気持ちに答えて、ぜひインターンにチャレンジしてみてほしいです。

DSC_0318

インタビューにご協力頂きました、株式会社イードア様、河野様ありがとうございました!!!

株式会社イードア様のページはこちら

オススメインタビュー記事

  • 【インターンの魅力】ドゥ・ハウスの内定者and社員さんに聞いてみました。

  • 【インターンの魅力】インターリンク株式会社・榎本さんに聞いてみました。

  • 【インターンの魅力】株式会社Terrace・吉止さんに聞いてみました。