人事部のススメ【大学生がすべき4つの経験】

今回は大学生に紹介する学生時代に経験すべきことについてのコラムを配信します。就活を前にした学生からよく質問されるのが
「内定をもらうために学生時代にやっておいた方がいいことは何ですか?」
というものです。
結論としては「やりたいことをやってください」ということなのですが、それだと学生の皆さんは納得しないので少しやってみるとおもしろい内容をご紹介します。就活の自己アピールなどのネタになりそうなもの厳選にします。

①海外バックパッカー
free-photo-bucketlistly-photos-01
一つ目はまずバックパッカーです。娯楽目的の旅行や目的のない旅行やまずオススメしません。あと旅行会社などで予約できる海外ツアーなどもオススメしないです。自分がバックパッカーをする目的を一つ決めてみてください。たとえば、100人現地の人と友達になるだったり、日本とは違う政治体系の国での現地の人の暮らしの様子をレポートするだったり、建築に興味のある人であれば有名な建造物を撮影するだったり、なんでもいいです。
目的のある旅を自分で計画し、航空券のみを購入し一人で海外に飛び出してみてください。たくさんの価値観に触れ、自分を見直すきっかけになります。ただ行くだけの旅行ではなく、自分で考え行動に移す訓練をバックパッカーと言う形で実現してみてください。

海外に行っていろんな財産を手に入れることができると思います。海外に行く事が目的になってしまうと「感動した」の一言で終わってしまいます。地方の人間が渋谷のスクランブル交差点で感動するのと同じです。せっかくの貴重な経験を無駄な経験にしない為にも一度動いてみてはいかがでしょうか。しかし異国の地なのでくれぐれも安全には気をつけてください。

②日本の各所に一人で行ってみる
NKJ56_kanagawamap-thumb-815xauto-15338
海外に行くことのハードルが高い人は日本各地の旅行もお勧めします。しかしバックパッカーの時と同じで必ず目的を作ってください。九州を一周し各県の特徴を体験してみる、自転車で琵琶湖一周をしてみる。これも何でもいいです。ただの旅行と区別をすることが重要です。
日本を一人で旅すれば、より一層日本の素晴らしさを実感できます。海外に行かずとも多様な価値観に触れることができます。あと一人で行くことの重要性としては、逃げ道を消すためです。以前のコラムで紹介した【成長の三大要素】の一つとして<環境>というものが重要だと説明しましたが、成長をするためのアクションを実行するためには常に意識をすることが大切です。

③Webページを作ってみる
PAK86_codeing20140517-thumb-815xauto-17052
ここからガラッとビジネス的な内容になります。現在、世界の経済のキーとなっているのは間違いなくIT/インターネットの力です。いまやITに全く関わりのない業界はないと言っていいでしょう。どの業界に入っても必ず社員のITリテラシーは求められる時代です。私自身の後悔もあるのですが学生のうちにWebの知識をある程度高めておくことができていれば、業務の効率や選択の幅もかなり広がっていたなあと感じています。実際に行動として何をやればいいか、というところですがHPを作成しWeb上に公開してみてください。勉強しながらITによる<モノづくり>を経験しておけば、ビジネスマンになったときに、アドバンテージがあると思います。あと余談ですが<ブラインドタッチ>も練習すれば2週間ぐらいでできるようになるのでフリーソフトをダウンロードして出来るようにしておいたほうがいいです。

④いろんなコミュニティに属し、自分の知らない知識を増やす。
a0002_001152
これがある意味、一番仕事に直結することかもしれないです。目的としては、自分の知識欲を満たし人間としての幅をつけることですがこういう行動が仕事をするうえでの人脈に繋がる可能性がおおいにあります。知識欲を満たすという意味では、読書も月2冊は読んでおいたほうがいいと思います。自分の人生の20年前後という数字は年齢=生きてきた数字で同年代と差別化のしようがないですが本を読んでいたり、多様な価値観に触れている人は人間としても深みがあります。経験をそのような自分のアクションで補てん出来ているからかもしれません。

以上、4つを厳選して紹介させて頂きましたが基本的には自分の興味のあることを基盤としたうえでの経験が絶対条件です。
あと就活を前にした学生ほど、他の人とは差別化できるような経験が必要ではないかと考えがちだと思いますが企業側としてはあんまり内容は気にしてないです。
やっぱり重要なことは好きなことをすることが大事で、一つ一つの経験が自分のどの部分を形成したのかとか、なぜその経験をしようと
思ったのかなどその人が持つ価値観を象徴するような経験があれば問題ないです。

せっかくの学生生活なので後悔のないよう好きなことをして、その中で将来に繋がるような経験が出来ることが一番です!
ぜひ興味が湧いた人は紹介した4つを経験するために行動に移してみてください。

本コラムの執筆者

gaaayuuu

1991年大阪府生まれ、2014年関西学院大学卒業。 大学時代に某IT系企業、教育系企業、人材系企業など多数の企業のインターンシップを経験し就職活動における面接を重視した選考フローに疑問をもつ。 2014年にインターン選考を経て、株式会社ユナイテッドウィルのシステム開発事業部営業部に入社。 入社二カ月目で新卒採用担当リーダーとして社内の採用インフラ確立にも携わり、 2年目から学生時代に描いていた新卒紹介サービス【インターンナビ】を立ち上げる。

オススメコラム記事

  • ES・面接の基本テクニックをおさらい!

  • 日本式インターンシップの現状と課題を考える

  • やりがいを見つける方法!