【就活ビギナーの学生が知っておきたいこと】



 

keidanren-jiki

17卒の学生の皆さんは、もうご存知かと思いますが10月末に経団連が企業の17卒の学生に対しての採用活動を二か月前倒しにすると発表がありました。つまり17卒の学生が経団連に所属する企業の選考フローに乗っかるには6月まで動けないということになります。
このスケジュール通りでいくと2016年3月から企業の採用情報リリースが解禁されるのでおよそ三カ月で情報収集を済まさないといけないということです。

しかし、そのニュースを聞いた学生の中には
「これからどんなスケジュールで動けばいいの?」「6月までは学生生活を謳歌しよう!」「前例のないスケジュールで動く就活は不安だ!」
などいろんな気持ちが湧き出してきた人も多いと思います。一つ、就活生と位置付けられている17卒の学生が頭に入れておいてほしいのはファーストキャリアを決断する大事なスケジュールを外的要因に判断されていいものなのか、ということです。

このニュースを受け、もちろん経団連に属す企業はこのスケジュールで採用活動を行いますが、属していない大手企業、有名メガベンチャー、人気優良企業はこんなスケジュールには意図に介さず採用活動を行います。特に人気のベンチャー企業は採用人数自体もまとめて採用するわけではなく少数精鋭でかなり学生を精査して選考するため優秀な学生を囲い込もうとするため比較的動きは早いです。もっと言えば2015年9月の時点で17卒の学生を対象にした採用活動を行っている企業はたくさんあります。学生がファーストキャリアを決める期間を勝手に決められたくないのと同じで企業側も大事な新卒採用の期間を外部に決められたくはないのです。

f9e326d87748b37fa8ea82da1608c568_s

学生の方も不安は多々あるかと思いますがどんなスケジュールで動けばいいのかと考えることは就職活動においてはナンセンスです。就職活動はいつから始めても問題ありません。小学校、中学校、高校、大学は4月に入学しスタートラインを合わせますが就職活動、社会人においてスタートダッシュはした者勝ちです。意欲的に動けるか、いかに早くスキル・能力を身につけるかが重要です。

気になる企業、魅力的な企業、入りたいと考えている企業がニュース通り6月~採用を始めるとは限りませんし学生側からアプローチするのは自由です。早め早めに情報収集を心がけ、なるべくたくさんの企業の情報を取り入れることをオススメします。

発表通り2016年3月~(選考は2016年6月~)就活を始め、いろんな企業を知ったあとに「エントリーしよう!」と思っても募集人数に到達し採用窓口がクローズしているなんてことも16卒のみなさん先輩方の際も多くありました。

何をしたらいいのかと迷っている学生はとりあえず動いてみてください。やらないといけないことを今からリストアップし「就職活動」を始めてください。「自己分析」「業界研究」「企業研究」などやることはたくさんあります。決められたスケジュールに左右されず主体性を持って動いてみましょう。ここで動ける人が企業が求めている人材です。

8893c661b55a2a2ad0e64156eeb4b2c1_s

インターンナビでは年明けから企業へのエントリーが可能なのでこのナビサイトも活用しながら自分だけの就職活動をプロデュースしファーストキャリアをデザインしましょう。
もう就職活動は始まっています。

本コラムの執筆者

taka

1993年新潟生まれ、大学を期に東京に上京。
2016年3月に明海大学を卒業。
学生時代に不動産、IT系ベンチャー、商社など4社の内定を獲得。
そんな中、株式会社ユナイテッドウィルのインターンシップ選考に参加。
入社前から実力主義の中で成長を夢見ていて、日々苦悩している。1月からインターンシップとしてインターンナビ事業を受け持ち、4月に入社。

オススメコラム記事

  • 睡眠の質を高めて就活に臨もう!

  • 未だ内定なし?? 今からでも内定数UPの6つの秘訣

  • 暇つぶしに!無料で楽しめる都内のスポット①