自分に合うかっこいいスーツの選び方とは!?

笑顔の男

ビジネスマンにとって、スーツはマストアイテム。

しかし、「いざ新しいスーツを買うぞ!」と思っても、
「どうやってスーツを選べばいいんだろう?」と悩んでしまう人も多いのでは...?

今回は身だしなみに気を使い始めた方のために、
正しい「スーツの選び方」についてご紹介をしたいと思います。

自分に合ったスーツの選び方で大切なのは、「体のサイズに合っているかどうかを知ること」です。
サイズの合っているスーツと合っていないスーツを判断するには、
【ご自身の肩にあったサイズのスーツを着ているか、否か】で見極めることができます。
お手持ちのスーツでまず「このスーツは自分の肩にフィットしているのか」を確認し、
もし大きいと感じたり、窮屈に感じる場合はサイズを変更するのが良いでしょう。
アパレル業界では、サイズ感の表現を一言で表すために「スーツは肩で着る」と言われています。
そのくらい肩は重要な要素です。

また自分に合ったスーツを選ぶ際には、
「試着時にどこをチェックしておくべきなのか」を知ることも非常に重要です。
3つポイントがありますので、それぞれ解説していきます。
(※上下のスーツを着用頂ている状態を前提にしています)

◆屈伸をする


スーツ着用後は、まず屈伸をしましょう。
何度か屈伸をし、スラックスのゆとりを確認して、そのスラックスのサイズが自分にとって
「きつくないか」、「ゆとりが大きすぎないか」をチェックします。

屈伸をした時に、生地がピンと張りすぎず、適度なゆとりがあり、
足を動かした時に負担に感じないサイズが理想です。

◆ベントの開き


ベントとは、スーツの背広の裾部分の切れ目のことを指します。
スーツ着用後にこのベントの切れ目が「開いていないか」を確認しましょう。

もし、この切れ目が開いている場合は、
そのスーツはサイズが小さいため、ワンサイズUPをおすすめします。

◆スーツ全体にシワがよっていないか


スーツ着用の際、「不自然なシワ」が寄っていないことを確認しましょう。
着用者本人にはわかりにくいですが、着用のしたスーツのサイズと本人の体型があっていない場合、
首の後ろ側に「つきじわ」と呼ばれる生地の余りシワが出てきます。

もし「つきじわ」が出ている場合は、
大きなサイズを着用している証拠ですので、サイズダウンをおすすすめします。


自分に合ったスーツというのは、デサインや品質も大切です。
しかし、一番大切なことは、「ご自身の身体に合うこと」で、初めて手に入れられるものです。
まず一度「自分が求めるスーツはどういうものなのだろう?」
とゆっくり考え、ご自身の中で整理してみることをおすすめします。

「過去の経験から、既製品を購入するブランドでは、肩のサイズが合わないだろうなぁ…」
と思うのであれば、パターンオーダーのオプションがあるブランドへ。
または「既製品でも予算に合い、自分のサイズに合うものがあれば良い」
と思うのであれば、既製品のブランドへ。
というように自分が足を運ぶべきブランドも見えてきます。

そして、一度自分が求めている「自分に合ったスーツ」がわかれば、
何となく選んでいたスーツ選びやスーツを着る楽しみがグッと増えてきますので、
ぜひ本記事を参考に「ご自身が求めるスーツ選び」に活用してみてください。!!

本コラムの執筆者

yoshi

1993年千葉県生まれ、千葉県育ち。
2016年東京経済大学を卒業予定。
学生時代は学園祭実行委員会に所属し、資金調達、企画立案から組織形成の仕事を経験する。
趣味は筋トレであり、日々己をいじめ精神力を鍛えている。
株式会社ユナイテッドウィルのインターン選考を経て、2016年に入社。

オススメコラム記事

  • 今からでもまだ間に合う?17卒おすすめ就活方法

  • 【モチベーションUP!!】ヤル気が出ない時の対処法

  • 【自己分析ってどう始める!?】