合同説明会ってどうすればいい?

牛

皆さん、こんにちは!

今回は企業の合同説明会について、私の体験談も交えながらご紹介します。
リ○ナビやマ○ナビが主催する大規模なものや、大学が主催するものなど
その規模や種類は様々ですよね。しかし、ただ行って満足していませんか?
合同説明会をより有意義にするための方法を今からご紹介します!

【合同説明会前にすること】
・興味のある企業を下調べしておく
いくつか興味のある企業をピックアップして下調べをしましょう。
企業のホームページをチェックするのはもちろん、先輩に話を聞いてみるのも良いと思います。そして質問内容を考えておきましょう。

【合同説明会当日にすること】
①ブースの位置を確認する
当日配布される会場図で、話を聞きたい企業の位置を確認して訪問するルートを決めておきましょう。このようにすることで効率良く回ることができます。
また、ルートが決まると私は効率の良いルートを決めずに回っていたので、人気企業の説明会ではギリギリの到着になってしまい、座れないこともしばしば・・・。
また、ルートを決めるとその日のタイムスケジュールも決まると思うので、体に無理のないように回りましょう。

②様々な業界の情報を集める
合同説明会で興味のある企業だけを回ると時間が余ることもあると思います。その場合は、食わず嫌いせずに他の参加企業の話も聞きに行くことをオススメします。私は合同説明会をきっかけに、業界や企業選びの視野が広がりました。

③企業の方に話しかける
人事の方はもちろんですが、しかし他にも人事の方と話したい人がたくさんいて話す時間が無いことがあると思います。その場合は、その企業の人事以外の方に話かけてみましょう。
私は、人事の方とお話できない場合は新卒内定者の方に話しかけていました。面接で質問されたことや、就活中のお話を聞いて、その後の就活に活かしていました。

【合同説明会後にすること】
・資料を見比べる
終了後、合同説明会でもらった資料はどうしていますか?
きちんと各企業の資料を見返してみましょう。見落としていた情報があったり、
就活のプランが変わったりすることもあるかもしれません。

いかがでしたか?
今回は合同説明会ですることをご紹介しました。是非参考にしてみて下さい!
次回もお楽しみに!

本コラムの執筆者

Miharu

1995年 北海道生まれ。北海道育ち。
2017年弘前大学人文学部卒業。
学生時代は国際関係や語学を学び、海外旅行や留学を経験。県のPR事業にも参加し、メディア制作に携わる。
2016年に株式会社ユナイテッドウィルの2daysインターン選考を経て内定を獲得し、2017年4月に同社に入社。

オススメコラム記事

  • 「就活サポートを上手に活用して内定に近づこう!」

  • 【就活生情報】★長距離歩いても疲れない方法★

  • 【全然違う・・・フランスの就活~世界の就活事情③~】