【女子に人気⁉】”SE”ってどんな仕事?

パソコン

皆さん、こんにちは!

今回はシステムエンジニア(SE)についてご紹介します。
よく聞くけど何…?資格…?
知ってる人も知らない人も、一緒にシステムエンジニアについて勉強しましょう!

システムエンジニアとはシステムの設計、開発、テストなどの
「上流工程」と呼ばれる開発や設計における初期段階を担当する仕事です。

<仕事内容>
①要求分析、要件定義
顧客にヒアリングを行い、顧客がどのようなシステムを要求しているのかを分析します。
ここまでが要求分析です。要件定義では要求分析の内容をまとめ、どのように顧客の要求を実現するのかを決めます。

②基本設計
要求分析と要件定義から、どのようなシステムにするか操作方法や表示方法などの基本設計を決めていきます。

③詳細設計
次に、どのような技術や仕組みでシステムを構成するのかを設計します。
プログラマーがプログラミングするための細かい設計をしていきます。

④テスト
プログラミング終了後、システムがきちんと作動するかをテストします。

<向いている人>
①コミュニケーション能力がある人
仕事内容にもあったように顧客のヒアリングはもちろん、プロジェクトメンバーと円滑な人間関係構築のためにも
コミュニケーション能力は必須です。

②トレンドを抑えられる人
ITの技術トレンドは移り変わりが早いので、常にアンテナを張って流行をキャッチできると
世の中のニーズに合ったシステム開発を提案できると思います。

③マネジメント能力がある人
システム開発はタイトスケジュールで行われることが多いため、スケジュール管理を行ったり、
特定のメンバーにだけ負荷がかからないように調整するマネジメント能力が求められます。

いかがでしたか?
今回はシステムエンジニアについてご紹介しました!
他の業種についてもどんどんご紹介するのでお楽しみに!

本コラムの執筆者

Miharu

1995年 北海道生まれ。北海道育ち。
2017年弘前大学人文学部卒業。
学生時代は国際関係や語学を学び、海外旅行や留学を経験。県のPR事業にも参加し、メディア制作に携わる。
2016年に株式会社ユナイテッドウィルの2daysインターン選考を経て内定を獲得し、2017年4月に同社に入社。

オススメコラム記事

  • 入社前に必ず起こる内定ブルーの解消法

  • 企業の見方を変えてみよう!

  • 未だ内定なし?? 今からでも内定数UPの6つの秘訣