【SPI】対策ってどうするの?今から知っておくべき対策方法

サンタ

皆さん、こんにちは!

街はイルミネーションで彩られ、クリスマスに向けて盛り上がっていますね!
パーティーの準備に忙しい方もいるのではないでしょうか。
皆さんそれぞれのクリスマスを楽しんで下さい!

さて、今回はSPI対策についてご紹介します。
就活の準備で初めてSPIという言葉を耳にした方も多いと思います。
私もそのうちの一人でした。コツを掴んでしっかりと対策し、関門を突破しましょう!

①SPIって何?
SPIはSynthetic Personality Inventory(「総合的個人特性調査票」)の略です。SPIは能力適性検査と性格適性検査で構成されています。その実施方法には、ペーパーテスティング、テストセンター、インハウスCBT、WEBテスティングの4つがあります。この中でも最近では、テストセンターが主流になっています。能力適性検査は言語(語句問題と文章問題)と非言語(論理的思考能力と数的処理能力が試される)に分かれています。性格適性検査は、情緒的側面・行動的側面・意欲的側面・職務的側面・社会関係的側面・組織適応性の6つの側面から測定されます。

②能力適性検査の対策
受験勉強のように、問題集やSPI対策アプリを使って問題の形式に慣れておくことが有効だと思います。SPIは、制限時間に対して問題数が多いのが特徴です。問題を解くためには、正確さ、スピード、平常心が求められます。その為にも、数多くの問題にあたって、慣れておきましょう。

③性格適性監査の対策
企業が求める人材には、特徴や理想像があります。これらをある程度知った上で正直に答えていくのが基本です。そして、企業が好む回答もあります。できるだけポジティブな回答を心がけましょう。しかし、ここで注意が必要です。質問の中には、嘘を見抜くためのものも隠れています。例えば、SPIの特徴として似たような質問が繰り返されます。これは、自分を良く見せようとした受験者に対して、前回と違う回答を選択させようとしています。また、「一度もない」などの強い否定の質問も嘘を見抜くためのものです。

今回はSPIについてご紹介しました。
以上のようなSPIの特徴を掴んで、早いうちからコツコツと対策することをオススメします。
空き時間も上手く活用していきましょう!

次回のコラムもお楽しみに!

本コラムの執筆者

Miharu

1995年 北海道生まれ。北海道育ち。
2017年弘前大学人文学部卒業。
学生時代は国際関係や語学を学び、海外旅行や留学を経験。県のPR事業にも参加し、メディア制作に携わる。
2016年に株式会社ユナイテッドウィルの2daysインターン選考を経て内定を獲得し、2017年4月に同社に入社。

オススメコラム記事

  • 2018年卒の就活を推測!

  • そもそも「就職活動」をする理由とは…?

  • 日本の就活【新卒一括採用】がどうも変だと思う5つの理由。