インターンシップってした方がいい?

トップ
出典:http://www.internship-ssc.org/

皆さんこんにちは!

最近、昼間は暑いですが夜は少し肌寒く感じますよね。
寝る時には薄着すぎて風邪をひかないようにしましょう。

今回はインターンシップの必要性について話していきたいと思います。
就活生なら一回は聞いたことがあるインターンシップ。
参加するべきなのか、あまり意味はないのか。
そもそもインターンシップとは何なのか?

そんな疑問にお答えします!

インターンシップとは?
まず、インターンシップというものは簡単に言うと大学生が一定期間企業で働く「職業体験」のことを指します。
その職業体験を通して自分に合うのか、合わないのかを判断します。

インターンシップに参加することのメリット
インターンシップについて企業側と学生側の双方のメリットは以下の通りです。

企業側
・仕事の一部を手伝ってもらえる
・採用候補者を探すことができる
・学生たちの動向によって市場調査ができる
・社名や商品を学生に認知させ、波及効果を期待できる
・学生に就業体験をしてもらうことで入社後のミスマッチを減らすことができる

学生側
・社会人として働く様子を具体的に確認できる
・仕事に必要な知識・技術・意識などを学ぶことができる
・社会人との人脈が広がる
・社員から仕事や業界についての詳しい話を聞くことができる
・自分をアピールする場として活用できる
・インターンシップの経験は、自己PRや志望動機のネタになる
・実際の現場の仕事を行うことで働くイメージが想像でき、入社後のミスマッチを減らすことができる

と、このようにインターンシップにはこれほどのメリットがあるのです。

また、インターンの種類として
・長期インターン
・短期インターン

インターンの中身の種類として
・セミナー・体験・見学型
・プロジェクト・ワークショップ型
・実践型

などインターンシップと一言で言っても色々な種類があるのです。
体験してみたくなってきましたよね?

いかがでしたか?
今回はインターンシップの重要性について話してきて
インターンシップは経験した方が良いということがわかりましたね。
まだ参加を悩んでいた方はどんどん参加していきましょう!

次回もおたのしみに!

本コラムの執筆者

Miharu

1995年 北海道生まれ。北海道育ち。
2017年弘前大学人文学部卒業。
学生時代は国際関係や語学を学び、海外旅行や留学を経験。県のPR事業にも参加し、メディア制作に携わる。
2016年に株式会社ユナイテッドウィルの2daysインターン選考を経て内定を獲得し、2017年4月に同社に入社。

オススメコラム記事

  • 【これからの季節に!】スーツの防寒対策

  • 知ってた?3種類の採用方法

  • 【就活ヘア女子編!今から前髪は伸ばした方がいい?】