【ストレス解消に美肌効果も!?ITデトックスでリラックス】

寝ている猫

学生の皆さんは普段どのように息抜きをしていますか?


好きなものを食べたり、睡眠をとったり、半身浴をしたり・・・
とそれぞれリラックス方法は異なると思います。
「リラックス中にもスマートフォンやパソコンが不可欠!」
という方は結構多いのではないでしょうか。
SNSのチェック、ゲーム、ネットショッピングなど・・・
気づいたら多くの時間を割いていると思います。

そこで今回は思い切って、
ネット社会と距離を置くことで得られる様々なリラックス効果をご紹介します!

ITデトックスはご存知でしょうか!?


ITデトックスとは、スマートフォンやパソコンから離れる時間を持つことです。
米国を中心に始まり、
日本でもスマートフォンが普及し始めた2013年頃から広がりを見せ始めました。

このITデトックスは心身共にうれしい効果があるのです。
ITから離れることにより、自律神経の緊張がほぐれてリラックスし、睡眠の質の向上、肌荒れ防止など美容や健康につながります。
そして、IT中心の生活から脱することで、自分の生活を自分でコントロールできるようになります。
すると、自分のやりたいことが鮮明になり、様々なことを見つめる時間を持つことができます。
いきなり長時間ITデトックスを実践するのは難しいと思うので、
まずはルールを作り、ネットを使わない時間を設定します。

例えば、
「夜10時以降は電源を切る。」「週末は朝1回チェックするだけにする。」
このようにできる範囲のルールを作り、自分を見つめ直したり、読書をしたりする時間に置き換えてみましょう。

皆さんにおススメするだけではあれなので・・・
実際に私もやってみました!
始めはスマホをチェックできない不安もありましたが、
普段スマホを使う時間を読書に充てたり、自分を見つめる時間を作ったりすることでリフレッシュにもなり、
そしていかにスマホやパソコンに時間を費やしているのかを実感できました。
たまに情報社会から離れてみることも必要ですね!

また最近ではITデトックスをする為のプランもあります。
米国のカリフォルニアでは、
スマートフォン、ネット断ちを強いる3泊4日のITデトックスキャンプが
約6万円という費用にも関わらず人気だと言います。
日本でも昨夏、大手リゾート会社の星野リゾートが運営する『星のや軽井沢』で
2泊3日の「脱デジタルプラン」を提供して話題を呼びました。

多くの情報が溢れデジタル化が進む現代で、敢えて情報社会から離れてゆったりとする時間を作ってみると、
普段は目に入らないものや、より時間を有効に活用する方法を発見できるかもしれませんね。
たまにはITと距離を置いてリラックスしてみるのはいかがでしょうか?

本コラムの執筆者

Miharu

1995年 北海道生まれ。北海道育ち。
2017年弘前大学人文学部卒業。
学生時代は国際関係や語学を学び、海外旅行や留学を経験。県のPR事業にも参加し、メディア制作に携わる。
2016年に株式会社ユナイテッドウィルの2daysインターン選考を経て内定を獲得し、2017年4月に同社に入社。

オススメコラム記事

  • 【けっこう違う?!アメリカの就職活動】~世界の就活事情①~

  • 2018年卒の就活を推測!

  • 仕事の報酬とは