就活生なら取っておきたい【3つの資格】

スマホとパソコン

皆さん、こんにちは。就活している時エントリーシートに必ずといって良いほど書かなくてはならない、それが資格です。資格というものはあって損がないもの、企業側も貴方がどういう実力を持っているのか、確認出来るものになります。ここではより有利に就活できる資格を紹介して行きたいと思います。

◆TOEIC


TOEICとは英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテストです。結果は合否ではなく10点~990点までのスコアで評価されます。またエントリーシートの語学レベルという項目にTOEIC○○○点と書くこともできます。どの程度の点数で書けるかというと企業のレベルにもよりますが最低ラインは500点以上、それ以下のスコアの場合記載すると貴方の評価を下げるかもしれません。記載する際にはTOEIC公開テスト600点取得と正式に記載しましょう。

◆日商簿記(簿記)


簿記とは帳簿と呼ばれるノートに、財産に関する取引の記録をつけることです。1級から4級まで分かれており、年に3回受験することができます。ではこの簿記がどう就活に役に立つのか、まずは経理職を応募する際の条件に簿記○級以上という条件があり簿記を持っていないと応募資格すら得ることが出来ません。簿記は知名度もあり、記載しておけばプラスになること間違いありません。基本的に2級以上を取得していれば記載した方がいいですが、3級でも資格に十分書けます。経理職に限らず、他学生との差別化になります。記載する際には日本商工会議所簿記検定2級と正式に記載しましょう。

◆普通自動車免許


取得する際には教習所に行き合宿や通いをして取ることになります。非常に時間とお金を浪費する資格であり就活が始まってからは忙しくて取れません、大学入学前暇な時間にとるのが賢いでしょう。募集要項にも普通自動車免許の有無を記載される企業も少なくありません。面接でも車の免許持っていますか?と聞かれる回数も多いと思います。その際は「今教習所に通うためにバイトをしています。貯まり次第4月までに取ります」と言うといいでしょう。記載する際には普通自動車運転免許と書きましょう、種類がいくつかあるので詳しくは調べてみてください。
他にも役立つ資格はいくつか在りますが、知名度、実用性の両方を兼ね備えた3つの資格を紹介させていただきました。スタートは早めに切ることが大事です。頑張ってください。

本コラムの執筆者

maru

1993年広島生まれ、大阪育ち。
2016年九州産業大学を卒業。
大学在学時は九州初の学生ライフセービング部で
2期、3期目主将としてチームの土台作りと規模の拡大に貢献。
株式会社ユナイテッドウィルのインターン選考を経て、2016年に入社。

オススメコラム記事

  • 【就活生必見】面接にふさわしいネクタイの色と柄

  • 孫正義に学ぶ!学生のうちに始めるべき3つのこと

  • 優秀な学生が無意識のうちに意識している【成長三大要素】とは?